南海トラフ大地震時は、一人1週間分の食料の保存が必要


南海トラフ大地震時は、一人1週間分の食料の保存が必要

地震は忘れたころにやってくる。

突然前触れもなく起きた熊本地震、なかなか終息の気配がないですね。

熊本は台風が多く、台風の時の用意はされてたようですが、
地震の備えは万全ではなかったようです。

非常用物資を備蓄しておくことが大事だと痛感しました。
特に水だけは十分に備えておきたいですね。

今、日本では大地震がいつ起きてもおかしくない状況ですが
皆様は災害用の準備はしていますか?

関東の直下型の場合は一人3日分の食料確保が必要といわれています。

今朝の発表では南海トラフ巨大地震が起きたときは3日分でなく
一人1週間分の食料が必要になるそうです。

運輸、流通関係がズタズタになってしまうので、食料が届くまでに
1週間以上かかるようです。

そのため、一人1週間分の食料が必要です。1週間分の食料揃えると
保存場所が必要になります。コンパクトに収まるように揃えたいですね。





これが一人3日分の食料です。1週間分ですと、この倍以上の量が
必要になります。特に水は多く必要になります。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: