急に起こる竜巻とは


急に起こる竜巻とは


竜巻(たつまき、tornado)は、積乱雲の下で地上から雲へと
細長く延びる高速な渦巻き状の上昇気流。

突風の一種で、規模が小さく寿命が短い割に、猛烈な風を伴う
のが特徴。地上で強い竜巻が発生すると、暴風によって森林や
建物などに甚大な被害をもたらすことがあり、災害をもたらす
典型的な気象現象の一つとされている。

竜巻の水平規模は平均で直径数十m、大規模なものでは直径
数百mから1km以上に及ぶ。その中心部では猛烈な風が吹き、
ときには鉄筋コンクリートや鉄骨の建物をも一瞬で崩壊させ、
大型の自動車なども空中に巻き上げてしまうことがある。

1ヶ所に停滞するものもあるが、多くは積乱雲と共に移動する。
その移動速度は様々で、まれに時速100kmを超えることもある。

ウィキぺディアより転載



地震 災害 準備しておきたい防災用品 防災知識トップへ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック